• ホーム
  • ご利用案内
  • イベント情報
  • 各施設紹介
  • アクセス
  • よくある質問
  • お問い合わせ

イベント情報

ホームイベント情報 > 「やんばるアートフェスティバル2018-2019 ヤンバルネサンス」 アート作品展示

「やんばるアートフェスティバル2018-2019 ヤンバルネサンス」 アート作品展示

海洋博公園は沖縄本島北部地域を会場とする芸術祭「やんばるアートフェスティバル」に参加します。会場の一つとして、海洋文化館で世界的CGアーティスト河口 洋一郎氏による作品を展示します。

やんばるアートフェスティバルとは

手つかずの大自然が残る沖縄県北部の「やんばる地域」を舞台に、県内外また海外から個性あふれるアーティストたちが集い、現代アートからデザイン、音楽、映像、造形まで、ここでしか見ることのできない展示が一堂に会する唯一無二のアートフェスティバルです。

[会期]
平成30年12月15日(土)~平成31年1月20日(日)
[主催]
やんばるアートフェスティバル実行委員会
[会場]
沖縄本島北部市町村 各所

アート作品展示

世界的なCGアーティストである河口 洋一郎氏の作品を展示します。

[展示期間]
12月15(土)~平成31年1月20日(日)の毎日
[時間]
8:30~17:30
[場所]
海洋文化館 
[料金]
無料
  • 河口 洋一郎氏
    河口 洋一郎氏
  • 出展作品「海」
    出展作品「海」

【出展アーティスト 河口 洋一郎氏について】
1952年、種子島出身。東京大学名誉教授、CGアーティスト、「霧島アートの森」館長。1975年より自己増殖する造形理論「グロース・モデル」で独自のアート/サイエンスの世界を確立。1995年、第100回ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館代表作家に選出。2010年、ACM SIGGRAPH国際大会にてディスティングイッシュト・アーティスト・アワード受賞。2013年、芸術選奨文部科学大臣賞、紫綬褒章受章。2018年、Prix Bains NumeriquesにてPrix D’Honneur賞受賞。

【展示作品「海の生命のインテリジェンス」について】
存在する生物を、「遊泳系」、「歩行系」「飛翔系」で分けてみると面白い。中でも5億年前からの太古の地球、カンブリア紀の多様性に富んだ「遊泳系」の進化生物は、クラゲをはじめ魅力的である。進化生物の挙動のインテリジェンスは、5億年未来のアートを創造する上でとても貴重である。海水を吸ったり吐いたり、膨張収縮を繰り返す5億年前のクラゲの挙動は、基本的な運動であり、今でも延々と引き継がれている。まさに遺伝子生命体として、自分の未来を自己組織化していく、自律したもうひとつの生命体である。クラゲから、さらに岩に固着するイソギンチャク、硬い皮膚をまとうヒトデ、トゲ化した突起で身を守るウニなど、それぞれのインテリジェンスは魅力的!攻撃防御する未来形のアートは、もう一つの未知な生命体として、エモーショナルなコミュニケーションをする知的な生命体である。海は、サイエンスをアート化するための未来のアイデアの宝庫である。


お問い合わせ先
海洋博公園管理センター
TEL:0980-48-2741

イベント情報をチェック!

ページトップ