スマートフォンサイトはこちら
  • ホーム
  • ご利用案内
  • イベント情報
  • 各施設紹介
  • アクセス
  • よくある質問
  • お問い合わせ

おきなわ郷土村 おもろ植物園

御嶽(ウタキ)

村落の守護神が祀られている神聖な場所

「御嶽(ウタキ)」は村落構成の最も重要な要素です。丘の上か山の中腹にあって、村落も元来その周辺に形成されていました。御嶽は、村建てをした祖先の墓所がのちに聖地になったものが多く、いわば村落の守護神である祖霊神が祀られている所といえます。御嶽の中でも、大きな岩や樹木などに囲まれたような「イビ」と呼ばれる場所は、神の鎮座する聖なる場所で、そこには神女以外は立ち入ることが許されていません。また、「イビ」の手前は「イビヌメー」と呼ばれ、露天の石の香炉や台石が置かれています。 「神アサギ」は御嶽の近くに守護神を招いて祭を行う場所で、軒が低い壁や床もない穴屋形式の祭屋を設けている場合が多くなっています。

園内の位置

ページトップ