スマートフォンサイトはこちら
  • ホーム
  • ご利用案内
  • イベント情報
  • 各施設紹介
  • アクセス
  • よくある質問
  • お問い合わせ

おきなわ郷土村 おもろ植物園

だしきや

だしきや

概要

おもろ名 だしきや
和名 シマミサオノキ
科名 アカネ科
方言名 ダシチャ・ダシカ・ダスケ

園内の位置

植物特性

シマミサオノキは山地の林下に生える常緑の小高木である。分布の北限は奄美大島で、徳之島、沖縄島、久米島、石垣島、西表島、与那国島に生育し、台湾、中国南部にも分布する。樹幹は真直で弾力性が強い。樹皮は黒色味を帯びる。葉は8~15センチメートルで濃緑色を呈する。花は白く、初夏の頃に咲く。木材は細長く伸び、密で硬く弾力性に富む。神話では琉球に浄土宗をもたらした袋中上人が『琉球神道記』のなかで、「琉球開闢(カイビャク)の神アマミキヨ、シネリキヨが初めて国作りの時にダシチャ(シマミサオノキ)を植えて山をつくった」と記している。

利用

【材】 : 抗材、把柄材、茅屋根の垂木・枕木、造船材、建築材、狩猟用のはずみ木、漁具、魔除け・祭祀用

見頃カレンダー

おもろさうし 第一三巻七六三 だしきや

歌の意味
(前略)
聞得大君が
屋良座杜に来給いて
ダシキヤ(聖木)釘を差し給いて
千年の後までも
(敵の軍勢を寄せるまい、と祈ります)
(後略)

ページトップ