スマートフォンサイトはこちら
  • ホーム
  • ご利用案内
  • イベント情報
  • 各施設紹介
  • アクセス
  • よくある質問
  • お問い合わせ

おきなわ郷土村 おもろ植物園

くねふ

くねふ

概要

おもろ名 くねふ
和名 クネンボ
科名 ミカン科
方言名 クニブ・トークニブ

園内の位置

植物特性

クネンボは常緑高木であり、高さ6メートル前後に育つ。果実は12月~1月に熟し、高さ7センチメートル、幅9センチメートル前後。温州ミカンの近縁種である。タイ、インドシナ原産で、栽培地は主に中国南部や日本南部である。沖縄には中国南部から伝わったと考えられ、その後、鹿児島県を経て日本南部へと伝わったとされている。ヒラミレモン(シークヮーサー)とよく似ているが、葉柄に翼葉があること、果実が大きいことなどで区別がつく。沖縄方言ではトウクニブとも呼ばれ、トウ=「唐」、クニブ=「ミカン」、唐・中国から来たミカンを意味する。

利用

【果実】 : 生食、咳止め

見頃カレンダー

おもろさうし 第一四巻九九四 くねふ

歌の意味
島尻の九年母(蜜柑)、
親国の九年母の実りが
待ち遠しいことだ
ウリズンの季節になると
若夏の季節になると
待ち遠しいことだ

ページトップ