スマートフォンサイトはこちら
  • ホーム
  • ご利用案内
  • イベント情報
  • 各施設紹介
  • アクセス
  • よくある質問
  • お問い合わせ

おきなわ郷土村 おもろ植物園

てし

てし

概要

おもろ名 てし
和名 モモタマナ(コバテイシ)
科名 シクンシ科
方言名 クファディーサー・クバデーサ・ンーマーギー

園内の位置

植物特性

モモタマナはアフリカ、アジアの熱帯地方から琉球列島まで、主に海岸林に分布する熱帯の落葉高木である。葉が大きく倒卵形で、枝先に集まって付く。枝が水平に広くひろがるので樹形が美しく、秋から冬期にかけ葉が落葉前に赤く紅葉する。花は小型で白く、4~7月にけて穂状に咲き、上方に雄花、その下方に雌花の両生花をつける。果実は楕円形で9~12月に淡黄色に熟する。コウモリが好んで食する。果実はコルク層に被われているため、海流にのり各地の浜辺に伝搬される。

利用

【樹木】 : 公園樹、街路樹、墓地の植栽。
【葉】 : 染料。
【材】 : 家具材、造船材、建築材。

見頃カレンダー

おもろさうし 第七巻三八四 てし

歌の意味
国王様が
植え差した松並木は
十百年、十百歳まで末永くあれと祈らう
国王様が
立て差したクバ並木は
国王様が
立て差したコバテイシ並木は
(千年も末永くあれと祈らん)

ページトップ