二階御殿(にーけーうどぅん)

ホーム > 在りし日の首里城 > 二階御殿(にーけーうどぅん)

二階御殿

二階御殿

二階御殿は、国王の日常的な居室として使われていました。段差のある地形にあわせて北側は二階建、南側は平屋建になっており、二階内部は床の間や違棚(ちがいだな)のある書院風の造りになっています。

1765年に創建され、1874年には南側が増築されています。一階は女官の部屋や倉庫として使用され、主要な部屋は二階にあり、「御住居所御殿(ウシメージュウドゥン)」とも呼ばれていました。

ページのトップへ戻る