ブログ

ホーム > ブログ > 提重や湯庫を持って、ピクニック!?

提重や湯庫を持って、ピクニック!?

2013.04.17

2013年4月17日

 

          はいたい☆

              皆さんいかがお過ごしでしょうか?
 
              ここ最近の沖縄は、日曜日の天気がほとんど悪いのですが、
              そんな中、清明祭(ウシーミー)のシーズンを迎えています。
              「ウシーミー?」と思った方も多いと思いますが、沖縄は先祖崇拝を
              重んじている家が多く、その先祖供養を行うお祭りがウシーミーです。
 
              ウシーミーでは、お墓に親戚一同がそろって集まり、重箱に入れた
              料理や酒、お茶、お花をお供えし、線香を焚いて、紙銭(ウチカビ)を
              焼いたりします。その後、お墓に供えた料理を皆で食べるのですが、
             その風景が、まるでピクニックをしているように見えたりして、県外
              からの方が見ると、「お墓に集まって、一体、何をしているんだ?」
              といった感覚になると思います。
 
              さて、このウシーミーは昔から行われている年中行事の一つですが、
              外で食事や飲食をする為に使用された道具にはどのような物が
              あったと思いますか??
              今回は、首里城公園が所蔵する資料の中から2点、ご紹介したい
              と思います。
 
              まずはピクニックセットのような道具をご紹介します。
 
              下の資料は、黒漆山水楼閣螺鈿提重(くろうるしさんすいろうか
               くらでんさげじゅう)と言います。
        「提重」とは、重箱と酒ビン、皿などが取っ手の付いた木枠の
        箱の中に納められた、持ち運びの 便利な道具となっているん
               です!
        しかもこの「提重」、戦前にあったことが確認でき、王族が所有
        していた琉球漆器と類似した資料であることが分かる、貴重な
        資料でもあるんです(☆。☆)
 
          提重
 
 
                  
                     次は現代で言えば魔法瓶のような道具をご紹介します。
                下の資料は、朱漆山水楼閣人物箔絵湯庫(しゅうるしさんすい
                ろうかくじんぶつはくえたーく)と言います。
         この「湯庫」、先ほど も軽くふれていますが、現代で言う「魔法
         瓶」のような役割をする道具なんです!この容器の中身、気に
         なりませんか???
                今回は特別に!?中身を紹介しちゃいます☆
 
 湯庫.jpg
 湯庫.JPG
 
               まず、容器の蓋を取り外すと、錫(すず)製のビンが入っていて、
               このビンにお湯を入れ、保温したまま持ち運びできるようになっ
               ているんです♪
               ちなみにこの 錫ビン、底の方に「小船官舎(しょうせんかんしゃ)」
               と書かれています。
               これは、中国への進貢貿易で派遣される 役職名が墨で書かれて
               いて、非常に珍しい資料なんですよ(☆。☆)
 

 錫ビン

 錫ビン
 
                     これらの道具を持って、当時の琉球の人々もひょっとしたら、
               ウシーミーへ出かけていたのかもしれませんね(*^ ^*) 
 
              最後に。。。実は今回ご紹介した道具が、首里城公園南殿
              番所内の展示室にて開催中の企画展「守れ!琉球の宝 」
              で見る事ができますっ!
              期間が5月16日(木)までとなって おりますので、当時のピ
              クニック道具が気になった方や、ウ シーミー帰りに我が家の
             ウ シーミー道具との違いを比べたりするなど、これを機にぜひ
              お立ち寄り下さい♪

カテゴリー

  • 首里城だより (260)

アーカイブ

  • 2019年10月 (1)
  • 2019年09月 (2)
  • 2019年08月 (1)
  • 2019年06月 (1)
  • 2019年04月 (1)
  • 2019年02月 (2)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年02月 (2)
  • 2017年12月 (1)
  • 2017年11月 (1)
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (2)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年07月 (2)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (3)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年02月 (3)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (2)
  • 2015年06月 (2)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (2)
  • 2015年03月 (2)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (8)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (3)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (6)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (3)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (5)
  • 2013年03月 (3)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (7)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (5)
  • 2012年10月 (5)
  • 2012年09月 (9)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (14)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (13)
  • 2012年02月 (19)
  • 2012年01月 (16)

最新の記事