スマートフォンサイトはこちら

イベント情報

ホームイベント情報 > 日影台(日時計)解説会

日影台(日時計)解説会

首里王府時代、首里城で正午及びその前後の時刻を計ったと言われている日影台(日時計)の解説会を行います。
日影台(日時計)は、水時計の補助的な道具として使われ、十二支の刻まれた時刻版(石の円盤)に銅製の棒が取り付けられ、その日陰によって時刻を計ったと推測されています。日影台の時刻計測システムは、24節気によって傾斜角度を変えないと時刻が正確に計れないため節気ごとに時刻版を変更します(現在の首里城公園では、春分・秋分・夏至・冬至の年4回だけ変更しています)。この機会にぜひお越しください。

  • 平成28年6月19日(日)・21日(火)※夏至
  • 平成28年9月22日(木)※秋分・24日(土)・25日(日)
  • 平成28年12月21日(水)※冬至・23日(金)・24日(土)・25日(日)
  • 平成29年3月18日(土)・19日(日)・20日(月)※春分
  • 開始時刻 12時30分~(30分程度)
  • 参加費:無料

  • 解説会の様子

    解説会の様子

  • 前回の解説会の様子

    解説会の様子


お問い合せ先
首里城公園管理センター
TEL:098-886-2020
ようこそ首里城へ
首里城公園施設案内マップ
  • 入館料金
  • 開館時間
  • イベント情報
  • アクセス
  • ショップ・レストラン
  • バリアフリー

ページのトップへ戻る