淑順門・女官居室

ホーム > 施設紹介 > 淑順門・女官居室

有料エリア

女性が取り仕切る「奥」の世界

正殿を境にした東側の一帯は「御内原(おうちばら)」とよばれる国王やその親族の私的空間である。王妃を頂点とする厳正な女官組織のもとに多くの女性が仕えており、「淑順門(しゅくじゅんもん)」は女性がすべてを取り仕切る「奥」の世界へ通じる門であった。

淑順門(しゅくじゅんもん)

淑順門

国王やその家族に仕える女官らが御内原へ入るときにくぐった門で、別名「みもの御門(うじょう)」「うなか御門(うじょう)」という。
建物の創建年は不明とされており、2010年(平成22年)に復元された。
門の造りは櫓門(やぐらもん)形式で入母屋造(いりもやづくり)の本瓦葺となっている。

女官居室(にょかんきょしつ)

女官居室

御内原(おうちばら)で勤める女官たちの居室である。御内原は国王やその親族等限られた男性以は立ち入ることのできない男子禁制の空間であり、御内原で仕える女官たちは首里城内に住み込みで暮らしていた者たちと、通いで勤める者たちとがいた。国王の身の回りの世話やさまざまな「奥」の職務を行う女官たちを総称して城人(ぐすくんちゅ)といい、城人は身分に関係なく器量に優れた女性が選ばれていたという。