世誇殿・復興展示室

ホーム > 施設紹介 > 世誇殿・復興展示室

有料エリア

国王・親族の私的空間

王位継承に使われた「世誇殿」や復興に係る様々な展示物を見ることができる「復興展示室」があるエリアです。

世誇殿(よほこりでん)

世誇殿

琉球王国時代、未婚の王女の日常の居室で、国王が亡くなると次期国王の即位の儀礼が行われた建物。国王家族と首里城に勤める女性たちの生活エリアであった御内原(おうちばら)にあり、2019年に外観復元された。現在、建物内の休憩スペースでは4K高画質18面モニターによる首里城ムービーを上映しており、琉球王国の歴史と首里城正殿跡の魅力を紹介している。

※上記の首里城ムービーはイベント等により上映を一時中止、あるいは内容が変更される場合があります。

復興展示室(ふっこうてんじしつ)

復興展示室

2020年10月に首里城御内原エリアにオープンした展示室。火災前まで首里城正殿の屋根から睨みをきかせていた獅子瓦、首里城正殿を彩っていた小龍柱や石獅子、石高覧等の石彫刻の残存物を展示している。5台設置されたデジタルサイネージでは、それぞれ「首里城正殿:琉球王国の美の結晶」「首里城正殿:瓦と漆塗装」「首里城正殿の美:彫刻・漆工芸」「正殿の火災について」など画像を交えて紹介。正殿の彫刻や瓦を葺いているところ、龍頭棟飾りを設置している様子等、平成の首里城復元にたくさんの職人や技術者が携わった姿を見ることができる。またVTR「首里城 復興へのあゆみ」を上映し、2019年の火災発生から復興への始動を紹介している。そのほか展示室では奉神門の北側に残った瓦を使って再び葺いた屋根を展示しており、赤瓦の色や形を間近に見ることができる。
さらに過去の展示図録・写真等の書籍やミュージアムグッズもそろえたショップも併設している。

ページのトップへ戻る