スマートフォンサイトはこちら

北殿

ホーム > 施設紹介 > 北殿

有料エリア

沖縄サミットの晩餐会に利用された北殿

有料見学区域の最終見学ポイント、北殿。沖縄サミットの晩餐会に利用された場所です。
首里城のミュージアムショップもあり、ここでしか買えないオリジナル商品もございます。

北殿(ほくでん)

北殿はかつては北の御殿(にしのうどぅん)、議政殿(ぎせいでん)とも呼ばれていた。
創建は1506~1521年頃とされ、記録によると1709年の首里城の大火で他の建物とともに焼失し、1712年頃再建された。通常は王府の行政施設として機能し、表15人衆(大臣)や筆者、里之子(さとぅぬし)と呼ばれる役人等が働いていた。

北殿は南殿・番所同様、鉄筋コンクリート造として外観を木造で復元している。館内では、パネルなどで首里王府の位置やしくみ、冊封式典(さっぽうしきてん)などを解説し、映像による展示も行っている。

ページのトップへ戻る