スマートフォンサイトはこちら

左掖門

ホーム > 施設紹介 > 左掖門

有料エリア

神女たちが「内」から「表」へ向かうための通路

左掖門(さえきもん)

左掖門は、暗(くら)シン(しん)御門(うじょう)とも呼ばれている。黄金御殿の1階に位置し、壁と天井に囲まれたトンネル状の形態で、通路の途中で一度くねっており迷路を思わせる造りであるため、昼間でも薄暗い場所となっていた。

門の歴史的変遷は、黄金御殿と同じと考えられる(1671年に創建、1709年に焼失、1715年に再建)。

王国時代に行われた祭祀・儀礼において、御内原にいる神女たちは、左掖門を通過して、御庭に至ったと推定されている。つまり左掖門は、神女たちが「内」から「表」へ向かうための通路であり、また、御内原側からしか開けられない造りになっていたとされることから、ごく限られた時にしか使われなかったと考えられる。

ページのトップへ戻る