首里城について

ホーム > 首里城について

琉球の歴史と文化が育んだ 稀代の古城施設

琉球王国は、1429年から1879年までの450年間にわたり存在した王制の国。 中国や日本、東南アジアとの盛んな交易により、琉球独自の文化が育まれました。 その王国の政治・外交・文化の中心として栄華を誇ったのが、首里城です。

琉球王国の栄華を物語る世界遺産

琉球王国の政治、外交、文化の中心地として威容を誇った首里城。
1945年の沖縄戦で灰燼に帰した首里城は、1992年、沖縄の本土復帰20周年を記念して国営公園として復元されました。
また、中国と日本の築城文化を融合した独特の建築様式や石組み技術には高い文化的・歴史的な価値があるとされ、首里城跡は2000年12月に、日本で11番目の世界遺産として登録されました。
鮮やかな朱色に彩られたその姿は、王国の歴史、文化の息吹を伝える雄姿であり、沖縄のシンボルそのものといえるでしょう。

首里城とは

【昭和初期の首里城】撮影:柳田菊造 所蔵:野々村孝男氏首里城は沖縄の歴史・文化を象徴する城であり、首里城の歴史は琉球王国の歴史そのものである。

首里城は小高い丘の上に立地し、曲線を描く城壁で取り囲まれ、その中に多くの施設が建てられている。いくつもの広場を持ち、また信仰上の聖地も存在する。これらの特徴は、首里城に限られたものではなく、グスクと呼ばれる沖縄の城に共通する特徴であった。他のグスクは首里城との競争に敗れ滅んでしまったが、首里城はグスクの特徴を保持しながら新たな発展を遂げたのである。

首里城は内郭(内側城郭)と外郭(外側城郭)に大きく分けられ、内郭は15世紀初期に、外郭は16世紀中期に完成している。正殿をはじめとする城内の各施設は東西の軸線に沿って配置されており、西を正面としている。西を正面とする点は首里城の持つ特徴の一つである。中国や日本との長い交流の歴史があったため、首里城は随所に中国や日本の建築文化の影響を受けている。正殿や南殿、北殿はその代表的な例である。

首里城は国王とその家族が居住する「王宮」であると同時に、王国統治の行政機関「首里王府」の本部でもあった。また、各地に配置された神女(しんじょ)たちを通じて、王国祭祀(さいし)を運営する宗教上のネットワークの拠点でもあった。さらに、首里城とその周辺では芸能・音楽が盛んに演じられ、美術・工芸の専門家が数多く活躍していた。首里城は文化芸術の中心でもあったのである。

1879年(明治12)春、首里城から国王が追放され「沖縄県」となった後、首里城は日本軍の駐屯地、各種の学校等に使われた。1930年代には大規模な修理が行われたが、1945年にアメリカ軍の攻撃により全焼した。戦後、跡地は琉球大学のキャンパスとなったが、大学移転後に復元事業が推進され現在に及んでいる。復元された首里城は、18世紀以降をモデルとしている。2000年12月には、首里城跡が世界遺産に登録された。

約450年間にわたり、日本の南西諸島に存在した王制の国

琉球王国とは、今から約570年前(1429)に成立し、約120年前(1879)までの間、約450年間にわたり、日本の南西諸島に存在した王制の国のことである。

北は奄美諸島から南は八重山列島までの琉球諸島には、約3万2千年前から人類が住んでいたことがわかっている。琉球諸島には、先史時代を経て、日本の鎌倉時代に当たる12世紀頃から一定の政治的勢力が現れはじめた。各地に「按司(あじ)」とよばれる豪族が現れ、彼らが互いに抗争と和解を繰り返しながら次第に整理・淘汰された。やがて、1429年尚巴志(しょうはし)が主要な按司を統括し、はじめて統一権力を確立した。これが尚家(しょうけ)を頂点とする琉球王国の始まりである。

その後、琉球では独自の国家的な一体化が進み、中国をはじめ日本、朝鮮、東南アジア諸国との外交・貿易を通して海洋王国へと発展してきた。首里城はその海洋王国の政治・経済・文化の中心であった。

琉球王国の歴史の中では、一度だけ大きな政権交代があった。統一王朝が成立してから約40年後の1469年、伊是名島(いぜなじま)の農夫出身の金丸(かなまる)がクーデターにより政権を奪取し新王朝を開いたのである。金丸は前例に従い、また中国皇帝との関係にも配慮して尚王家を継承し、尚円王(しょうえんおう)と名乗った。このため、琉球王国の歴史では、この政権交代以前の王朝を「第一尚氏王統」、それ以後を「第二尚氏王統」と呼んでいる。

この第二尚氏王統は、初代国王尚円(しょうえん)から数えて19代目の国王の尚泰(しょうたい)時代まで(約400年)続いた。その間、1609年に日本の薩摩藩が3000名の軍勢をもって琉球に侵攻し首里城を占拠した。それ以後270年間にわたり琉球王国の表向きは中国の支配下にありながら、内実は薩摩と徳川幕府の従属国であるという微妙な国際関係の中で存続していた。しかし、やがて日本の明治維新により成立した日本政府は、1879年(明治12)軍隊を派遣し首里城から国王尚泰(しょうたい)を追放し沖縄県の設置を宣言した。ここにおいて、琉球王国は滅亡した。

沖縄の歴史

西暦 主な出来事
1372年 中山王察度(ちゅうざんおうさっと)、初めて明に使者を送る。
1406年 尚思紹(しょうししょう:尚巴志の父)中山王(ちゅうざんおう)になる。
1427年 龍潭(りゅうたん)を掘り、庭園を整備した。
1429年 尚巴志(しょうはし)、三山(さんざん)を統一。「琉球王国」が成立。
1453年 「志魯(しろ)・布里(ふり)の乱」が起こり首里城全焼。
1458年 万国津梁(ばんこくしんりょう)の鐘を正殿に掛ける。
1470年 尚円(しょうえん)王位につく。瑞泉門を創建。
1477~1526年 歓会門(かんかいもん)、久慶門(きゅうけいもん)を創建する。
1494年 円覚寺(えんかくじ)を創建。
1501年 玉陵(たまうどぅん)築造。
1502年 円鑑池(えんかんち)、弁財天堂(べざいてんどう)創建。
1508年 正殿に青石の石「高欄(こうらん)、大龍柱(だいりゅうちゅう)」を設置。
この頃北殿(ほくでん)創建。
1519年 園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)を創建。
1527~1555年 この頃龍樋(りゅうひ)、首里門(しゅりもん)(守礼門)を創建。
1546年 首里城東南の城壁を二重にし、継世門(けいせいもん)を築く。
1609年 島津の琉球侵入。
1621~1627年 南殿(なんでん)創建。
1660年 首里城焼失。
1672年 首里城再建。
1682年 龍頭棟飾(りゅうとうむなかざり)を焼き正殿、屋根に置く。
1709年 首里城焼失。
1712年 首里城再建、1715年に完了する。
1729年 正殿の玉座(ぎょくざ)を中央に移し、「唐玻豊(からはふ)」と改名。
1753年 寝廟殿(しんびょうでん)、世添御殿(よそえうどぅん)を創建。
1768年 正殿の大修理が行われる。
1799年 識名園(しきなえん)が造営される。
1853年 ペリー提督来琉、首里城訪問。
1872年 琉球藩設置。
1879年 首里城の明け渡し。琉球王国の崩壊。
沖縄県誕生。
1925年 首里城正殿、国宝に指定される。
1928年 国宝に指定された首里城正殿の昭和の大改修始まる。
1933年 歓会門(かんかいもん)、瑞泉門(ずいせんもん)、白銀門(はくぎんもん)、
守礼門(しゅれいもん)、国宝に指定される。
1945年 沖縄戦により首里城焼失。
1957年 園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)を復元。
1958年 守礼門(しゅれいもん)復元。
1968年 円覚寺総門(えんかくじそうもん)、弁財天堂(べんざいてんどう)復元。
1972年 沖縄県の日本本土復帰。
1974年 歓会門(かんかいもん)、復元竣工。
1977年 玉陵(たまうどぅん)、復元竣工。
1984年 久慶門(きゅうけいもん)、復元竣工。
1989年 首里城正殿、復元工事に着手。
南殿(なんでん)・番所(ばんどころ)、北殿(ほくでん)、奉神門(ほうしんもん)等の復元工事も着手される。
1992年 首里城公園の一部が開園。
2000年 北殿にて「九州・沖縄サミット」社交夕食会開催。
首里城跡、園比屋武御嶽石門、玉陵が世界遺産へ登録される。
2003年 京の内 一般公開。
2007年 書院(しょいん)・鎖之間(さすのま) 一般公開。
2008年 書院(しょいん)・鎖之間庭園(さすのまていえん) 一般公開。
2009年 書院・鎖之間庭園、国の名勝に指定される。
2010年 淑順門(しゅくじゅんもん) 一般公開。
2014年 黄金御殿(くがにうどぅん)・寄満(ゆいんち)・近習詰所(きんじゅうつめしょ)、奥書院(おくしょいん) 一般公開。
  • 世界遺産 としての 首里城

    2000年12月、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」が日本で11番目の世界遺産として文化遺産に登録されました。

  • 御城物語

    かつて、首里の人々が「御城(うぐしく)」と呼び、敬愛のまなざしで見上げた首里城。首里城とその周辺に関係するトリビアを語る歴史エッセイです。

ご来園前にお読みください
首里城公園は、標高120メートル~130メートルの小高い丘の上に立地しています。
那覇の町が見下ろせる高台にあり、この首里の丘は聖地的な存在でした。
首里城公園は、琉球王国時代の姿を復元し、整備されているため、
坂や階段、石畳道も多くなっております。ご来園の際は、歩きやすい履物でお越しいただくことをおすすめします。
歴史イベント

琉球の息吹を今に伝える首里城では、往時を偲ばせる儀式や宴が再現され、皆様を遥かなる琉球王国の時代へと誘います。

  • 入館料金
  • 開園・開館時間
  • アクセス・駐車場