ブログ

ホーム > ブログ > 守礼門の扁額「守禮之邦(しゅれいのくに)」

守礼門の扁額「守禮之邦(しゅれいのくに)」

2021.09.11

守礼門(しゅれいもん)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 この画像を見て下さい。いつもと違うところがあります。それはどこでしょうか?
 
 正解は・・・・・・
 「守禮之邦(しゅれいのくに)」と書かれた扁額(へんがく)がない、のです。
 門の名前にもなっている、扁額ですが、どこへ行ったのでしょうか。なぜ、ないのでしょう?
 
 答えを解くカギは、台風です。
 
 台風等の悪天候、風が強くなることが予測される時、落下したりすると危ないので、扁額ははずしておくことになっています。台風が去り、平穏な状態に戻ったら、扁額は元に戻ります。実は取り外しができるようになっているのです。
 
 守礼門は当初「待賢(たいけん)」、その次に「首里(しゅり)」の扁額が掲げられており、扁額に合わせて「待賢門(たいけんもん)」、「首里門(しゅりもん)」と呼び名も変化しています。

 「琉球は礼節を重んずる国である」という意味を持つ「守禮之邦」の扁額は、尚永王代(1573~1588年)につくられ、尚質王代(1648~1668年)から常に掲げられるようになったようです。



 扁額を間近で見てみたい方は、守礼門の近くにある、首里杜館(すいむいかん)1階の情報展示室へどうぞ。扁額のスペアを展示しています。下から見上げるのとは違うスケール感、文字のタッチ等、じっくりと見ることができます。何か新しい発見があるかもしれません。


※画像:扁額(情報展示室)

※9/30日(木)まで、緊急事態宣言発令中のため、首里杜館は閉館しています。


カテゴリー

  • 首里城だより (270)

アーカイブ

  • 2021年09月 (2)
  • 2021年08月 (2)
  • 2021年07月 (6)
  • 2019年10月 (1)
  • 2019年09月 (2)
  • 2019年08月 (1)
  • 2019年06月 (1)
  • 2019年04月 (1)
  • 2019年02月 (2)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年02月 (2)
  • 2017年12月 (1)
  • 2017年11月 (1)
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (2)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年07月 (2)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (3)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年02月 (3)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (2)
  • 2015年06月 (2)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (2)
  • 2015年03月 (2)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (8)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (3)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (6)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (3)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (5)
  • 2013年03月 (3)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (7)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (5)
  • 2012年10月 (5)
  • 2012年09月 (9)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (14)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (13)
  • 2012年02月 (19)
  • 2012年01月 (16)

最新の記事

ページのトップへ戻る