ブログ

ホーム > ブログ > 夏休みの“自由研究”にうってつけ!

夏休みの“自由研究”にうってつけ!

2013.07.17

2013年7月17日

 

いよいよ児童・生徒の皆さんは長い夏休みが始まります☆楽しみですね♪

さて、夏休みといえば宿題(自由研究)。。。

前半に済ませ、後半は、海・山・キャンプ・旅行・映画・・・・いろいろと楽しみたいものです。

そこで、首里城公園友の会より夏休みの“自由研究”に活かせる「体験教室」を二つご紹介します。

 

1.親子首里城見学会―首里城修理見学&古写真パネル展を中心に―
日時:7月28日(日)10時から12時
参加費:入館料(大人800円/小・中学生300円)
集合場所:首里城公園管理センター
定員:25名
コース:守礼門→園比屋武御嶽石門→歓会門→日影台→供屋(万国津梁の鐘)→下之御庭→
             有料区域(修理現場見学/南殿・番所/書院・鎖之間/正殿/北殿など)→木曳門→
              レストセンター(解散)
※コースは、都合により変更する場合があります。
 

首里城をテーマに、“門”や“建物”を調べたり、首里城に棲む“龍”を取り上げたり、

琉球王国の“年表”を作成するのもよし!

今年の夏休みの自由研究は、首里城をテーマにしてみてはいかがですか。

首里城公園の学芸員の案内で“自由研究”のお手伝いをします☆

参加の際は、帽子をお忘れなく!!

首里城親子見学会

 前回の見学会の様子

 

 

2.チュンジー(沖縄将棋)体験教室
日時:8月3日(土)10時から12時
場所:首里城公園管理センター
参加費:無料
講師:仲村顕(『はじめての象棋(チュンジー)』著者)
定員:20名

 

チュンジーとは中国将棋を琉球で独自に発展させたもので、                              

戦前までは多くの家庭で親しまれていたようです。                                                    

もしかしたらおじいちゃんはチュンジーを知っているかも!?

今では、知っている人も指す人も少なくなったようですが、

沖縄で発展したチュンジーを多くの人に親しんでもらいたいものです。

ルールも簡単なので、まずは、チュンジーがどんなゲームか遊びに来てください。

チュンジーの歴史や盤や駒の特徴を調べたり、他のボードゲーム(盤やボードを使うゲーム)

将棋や囲碁、チェス、双六(すごろく)などと比べてみたり・・・

この夏は“自由研究”として遊びながら調べてみよう!!

 チュンジー

 これがチュンジー盤と駒だよ!見たことあるかな?

 

 

上記イベントは、親子に限らず、どなたでも参加できます。
子供だけでも(送迎はお願いします)、大人だけでもOK!
参加ご希望の方は、首里城公園友の会
TEL:098-886-2020までお申込み下さい。

 

 

Tomokai

カテゴリー

  • 首里城だより (273)

アーカイブ

  • 2021年10月 (2)
  • 2021年09月 (3)
  • 2021年08月 (2)
  • 2021年07月 (6)
  • 2019年10月 (1)
  • 2019年09月 (2)
  • 2019年08月 (1)
  • 2019年06月 (1)
  • 2019年04月 (1)
  • 2019年02月 (2)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年02月 (2)
  • 2017年12月 (1)
  • 2017年11月 (1)
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (2)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年07月 (2)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (3)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年02月 (3)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (2)
  • 2015年06月 (2)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (2)
  • 2015年03月 (2)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (8)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年02月 (4)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (3)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (6)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (3)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (5)
  • 2013年03月 (3)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (7)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (5)
  • 2012年10月 (5)
  • 2012年09月 (9)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (14)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (13)
  • 2012年02月 (19)
  • 2012年01月 (16)

最新の記事

ページのトップへ戻る